Stay Homeの今こそ「Paidy」で新しいお買いもの体験を

2020/10/26
Paidy Staff

StayHomeでなかなか外出できず、お買いものにも行けない……。かといってネットショッピングは事前登録とかカードの入力とかめんどくさい……。代引きは人と接触するからちょっと怖い……。なんて思っている方、多いのではないでしょうか。

こんな今だからこそ、ぜひPaidyを使っていただきたいのです。なぜなら、Paidyは「事前登録」も「クレジットカード」も必要なし!スマホさえあれば、すぐに使えて、「いま買いたい!」を叶えてくれるんです。

「メールアドレス」と「携帯電話」でお買いもの


Paidyを使うには「メールアドレス」と「携帯電話番号」があればOK。
では、いったいこの2つでどうやってお買いものができるのか、その手順をご説明します。

お買いもの方法を選択

まずは利用するお店のお支払い方法で「paidy翌月払い」を選択します。お店によっては「Paidy」となっていることもあります。

メールアドレスと携帯電話番号を入力

初めてPaidyをご利用の場合、ここで入力したメールアドレスと携帯電話番号が今後Paidyで使用するログイン情報になります。


4桁の認証コードを入力

続いて携帯電話に届く4桁の認証コードを入力します。


4桁の認証コードを入力

え?たったこれだけ?と思ってしまうかもしれませんが、本当にたったこれだけでお買いものができてしまうんです。しかも、4桁の認証コードを入力してから完了までの時間はおよそ1秒!なので、スピーディーにお買いものが可能!

お支払いは、まるっとまとめて翌月払い

「お買いものはできたけど、お金払ってないよ、どうするの?」そんな不安な声が聞こえてきそうですが、ご心配なく。続いてお支払いの方法についてご説明します。
Paidyのお支払いは、お買いものごとではなく、1ヶ月分のご利用をまとめて翌月に支払えばOK。つまり月に1回の翌月払いなんです。

ー例えば3月の代金を支払う場合ー

Paidyアプリがあれば、コンビニでバーコード支払いが可能


コンビニで支払う場合、通常はコンビニに設置してある端末から券を発行する必要があるのですが、Paidyアプリがあれば、スマホでバーコードを表示してそのままレジにてお支払いできるんです。これならサッとスピーディーにお支払いができます。

使えるお店は70万店舗!


「便利だけど、使える場所が少ないと意味ないよね」なんて声が聞こえてきそうですが、Paidyが使えるお店は続々と増えており、その数70万!フード、ファッション、美容・健康、トラベルなど様々なジャンルのお店で使えます。さらに大手家電量販店の通販サイトや、総合通販サイトなどでも使えるので、お買いものをする際にはお支払い方法からPaidyを探してみてくださいね。

Paidyで今を乗り切ろう!


さまざまなことが制限されている今、お買いものは唯一の楽しみと言ってもいいかもしれません。だからこそ、お買いもののめんどくさいをなくすことでこの状況が少しでも良くなることをPaidyは願っています。

お買いもので世の中を変えるなんて言い過ぎかもしれませんが、お買いものが変われば日々の暮らしが代わり、そして世の中も変わっていくはず、そう信じてPaidyはこれからもお買いもののめんどくさいをなくすべく新しいことにチャレンジしていきます!

こちらもオススメ