概要

オンライン決済を安全かつ手軽に行えるのがPaidy決済の特徴です。販売店の利用者(コンシューマー)が商品を購入する際に求められる情報は、メールアドレスと電話番号だけ。時間のかかる登録手続きは一切なく、クレジットカード番号を入力する必要もありません。

そのためコンバージョンにつながりやすいだけでなく、さらにPaidy決済なら販売店(マーチャント)へのお支払いが100%保証されるため、コンシューマーから注文が入ったらすぐに出荷作業に取り掛かることができます。 マーチャントの皆様は必ず売上の全額を回収できますので、悪質な購入者によって被害を受けるリスクがありません。

Paidyを利用すれば、マーチャントのオンラインストアで安全かつ柔軟・手軽に決済を処理できます。Paidyを使って処理できるのは、通常の決済と定期購入の決済です。

通常の決済とは、Paidy Checkoutを通じて開始、Authorizeする単独の決済のことを示します。コンシューマーはPaidy Checkoutの流れに従って数回クリックするだけで、注文を行って決済の承認を得ることができます。処理が成功するとPaidyが決済データを作成し、その後はマーチャントがPaidyAPIを利用してCaptureや管理を行えるようになります。

定期購入の決済とは、コンシューマーとの同意に基づいて一定の間隔で繰り返し行う決済のことを示します。定期購入の決済はトークンを使って開始しますが、このトークン自体はPaidy Checkoutが作成します。トークンの作成後はAPI経由で(そのトークンを使用する)定期購入の決済を新規に開始することができるようになります。決済開始後にCaptureや管理を行う方法は、通常の決済の場合と同様になります。

導入の流れ

Paidyを手軽にオンラインストアに導入できるよう、必要な情報をすべてこのサイトでご説明します。

  • まず、Paidy Checkoutを導入します。この導入プロセスはとてもシンプルであり、すぐに店舗でご利用いただけるようになります。
  • 次に、システムのテストを行います。Paidy Checkoutを使ってテスト用の決済を作成し、このテスト用の決済を使用してAPIをテストできます。
  • 導入とテスト作業が終われば、オンラインストアでPaidy決済をご利用いただける状態になります。
  • マーチャントの店舗でコンシューマーがPaidy Checkoutを使って決済を開始すれば、マーチャントがPaidy API経由でトークンを管理したり定期購入の決済を開始したり決済のCaptureや管理を行うことができるようになります。