概要

オンライン決済を無料で、安全かつ手軽に行えるPaidy決済。コンシューマーはメールアドレスと電話番号だけで簡単に支払いを行えます。時間のかかる登録手続きは一切なく、クレジットカード番号を入力する手間もかかりません。マーチャントにとっては、決済を安全かつ柔軟に管理できる仕組みをオンラインストアに導入できるというメリットがあります。

Paidy決済の流れ

Paidyサービスの核となるのは、Paidy CheckoutとPaidy APIという2つのコンポーネントです。コンシューマーが決済を開始するために使用するのがPaidy Checkout、マーチャントがその決済を管理する際に使用するのがPaidy APIです。

[payments overview diagram]

 

  • Paidy Checkoutとは、マーチャントが用意した支払いページの上で動作する決済用アプリケーションのことです。主要なPCブラウザやモバイル端末の場合であれば例外なく、決済プロセスを安全かつスムーズに進めることができます。コンシューマーが決済方法としてPaidyを選択すると、Paidy Checkoutアプリケーションが起動し、残りの決済プロセスが完了するまでコンシューマーを誘導していきます。決済プロセスが完了するとPaidy Checkoutは注文データをPaidyに送信し、次にPaidyがその決済の認証とAuthorizeを行います。
  • 決済データが作成されたら、マーチャントはPaidy APIを利用して決済を管理していきます。このAPIは、決済のCaptureやRefund、キャンセルといった操作を安全に実行できるようになっています。このAPIではJSON形式のリクエストとレスポンスを使用します。

安全な通信

Paidyにとって最も重要なのは、セキュリティとデータの整合性を維持することです。ネットワーク通信を暗号化し、インターネット上に存在するウェブサイトが本物であることを確認するために業界で標準的に採用されているプロトコルが、TLSです。PaidyはこのTLSのバージョン1.1以降をサポートしています。さらに、あらゆるデータを安全にやり取りするために、HTTPS通信を利用しています。

導入の流れ

Paidyを手軽にオンラインストアに導入できるよう、必要な情報をすべてこのサイトでご説明します。

Paidyを使って処理できるのは、通常の決済と定期購入の決済です。Paidy Checkoutを導入する流れは決済用の場合トークン用の場合とで少し異なります。間違った流れで作業を進めないよう、ご注意ください。

導入とテスト作業が終われば、オンラインストアでPaidy決済をご利用いただける状態になります。